美白を目指している人はスキンケアを大切に

美白・シミ対策は、できてから始めればいいと思っていませんか?

 

しかし一番の対策は予防です。

 

実際に目に見えるシミができていなくても、毎日の生活で紫外線を浴びない日はなく、紫外線は肌にどんどん蓄積されていっているからです。
若いうちから、日焼け防止を心掛け、美白成分の含まれた化粧品でスキンケアをしましょう。

 

シミの予防には日焼け防止が大事です
シミの原因は、紫外線を浴びたことによって、肌の中にメラニン色素が生成され、色素沈着をおこすことですので、まず、紫外線の影響から肌を守りましょう。

 

予防の為のスキンケア―日焼け止めクリーム

下地クリームの中には、日焼け止めの成分が配合されているものもありますが、紫外線を浴びる量に合わせて、下地クリームや日焼け止めクリームを選びましょう。

 

日焼け止めクリームには、紫外線吸収剤と、紫外線散乱剤という2種類のタイプがあります。

 

紫外線吸収剤は、紫外線が皮膚への浸透しないようにする日焼け防止効果の高いものなのですが、フェノール系化合物や、ベンゼン系化合物であるオキシベンゾン、オクチルなどが含まれているものもあります。
これらの成分は、発がん性物質であり、肌への負担が大きく、皮膚を傷めてしまうことから、使用したことで、シミの原因になることがあります。

 

紫外線吸収剤を選ぶ時には、成分表示をよく見てフェノール系化合物や、ベンゼン系化合物が含まれていないものを選び、リゾート地などの特別な時以外、日常生活での紫外線防止には、紫外線散乱剤を使うようにしましょう。

 

紫外線散乱剤は、紫外線を反射、散乱させて日焼けを防止するもので、紫外線吸収剤に比べると、日焼け防止効果は低くなっています。
そして、酸化チタンや酸化亜鉛などの成分が使われているため、メイクの仕上がりが吸収剤ほどきれいにならないこと、コマメに塗り直しをする必要があることなどが難点ですが、肌への負担が少なく、発がん性物質も使われていないので、敏感肌でも安心して使えます。

 

日焼け止めクリームや日焼け防止効果のある下地クリームは肌に残りやすいので、クレンジングと洗顔で、完全にクリーム分を除去するようにしましょう。
クリーム分が肌に残っていると、シミやニキビなど、肌とトラブルの原因になります。
シミを作らない洗顔方法はこちら

 

 

日焼け防止のために日常注意すること
  • 外出時には、帽子、手袋、サングラスを着用し、帽子は、つばの広いものをかぶる
  • 日焼け止めクリームは、こまめに塗りなおし、洗顔後の保湿ケアをする
  • 色の薄い服は紫外線を通しやすいので、濃い色の服を着用する
  • 日傘も、白い日傘より、黒い日傘の方が紫外線を遮断する効果が高い

    (二重張りになっている日傘は、さらに効果があります。)

 

新陳代謝を促し、メラニン色素を排出する化粧品を使いましょう。

シミは、紫外線から受けた影響で、肌の中にメラニン色素が生成され、それが沈着してしまうためにできるものです。
シミとターンオーバーの関係について

 

そしてシミ取り化粧品に含まれている美白成分は、メラニンの生成を抑え、生成されてしまったメラニンを排出できる肌を作る効果があります。

 

新陳代謝の機能が正常に働いていれば、メラニン色素が沈着しないので、紫外線を浴びてもシミにならないですむからです。
日焼け防止と同時に新陳代謝を促す作用のあるシミ取り化粧品を使いましょう。

 

どれがいいか分からないという方はシミ取り化粧品ランキングを参考にして見て下さい。

 

シミ取り化粧品は、シミを取るというより、シミのできない肌を作るという作用のあるものとして考え、継続して使ってこそ効果の出るものです。
長期的に使うものですので、自分の肌質に合ったものを選び、日焼けの予防と並行して使い続けることが大事です。